心の経営ネットワーク「企業に倫理を 職場に心を 家庭に愛を」栃木県倫理法人会

倫理法人会

  • HOME »
  • 倫理法人会

ご挨拶

丸山敏秋 22.1物質世界に物理という法則があるように、人間生活には倫理という法則があります。それは、地域や民族で違いがあったり、時代と共に変わるものではありません。人がよりよく生きるための普遍的な筋道であり、不変の生活法則です。これを私たちは純粋倫理と呼んでいます。

この純粋倫理に根ざした経営が、倫理経営です。経営もまた人の営みであるならば、それは倫理に基づくものでなければならないでしょう。

倫理経営の核心は、実践にあります。その主役は経営者自身です。経営者自ら、挨拶や返事、後始末、即行(気づいたらすぐ行う)、感謝、夫婦の愛和など、目の前の小さなことに率先して、喜んで取り組むことで人徳が磨かれ、よき社風が作られます。社長が変われば社員が変わります。企業繁栄のカギは実は身近なところにあるのです。

倫理法人会は、こうした倫理経営を行なう経営者の集まりです。1980年に誕生して以来、全国47都道府県に活動の拠点を持ち、およそ62,000社の会員企業を擁する団体として成長してきました。

倫理だけでは世の中は変わりません。しかし、倫理なくして世の中は正しく変わらないでしょう。真摯な倫理経営を実践する企業の輪が広がり、やがて日本の創造的な再生(日本創生)への道筋が切り拓かれていくことを願ってやみません。より多くの皆様のご賛同とご参画をお待ちしております。

倫理法人会とは

倫理法人会は、一般社団法人倫理研究所の法人会員組織です。「企業に倫理を 職場に心を 家庭に愛を」をスローガンに、まず経営者自身が純粋倫理を学び、活力に満ちた人間に変わることによって、社員が変わり、社風が変わり、自社の繁栄を目指すものです。倫理法人会の会員同士が集い、語り合うことで、自分では気づかないような経営のヒントも得られます。人と人との出会いは、経営力を高める強い原動力です。

倫理法人会 会員社数

約62,000社

経営者モーニングセミナー

全国約670会場で開催(毎週1回)

倫理経営講演会

全国約670会場で開催(毎年1〜5月)

倫理研究所について

一般社団法人倫理研究所は民間の教育団体です。1945年、倫理運動の創始者・丸山敏雄によって創設されて以来、研究・教育・出版・普及等の事業に広く会員を募り、「生涯学習活動」としての倫理運動を推進しております。会員は法人約62,000社、個人約180,000人。書道や短歌による芸術活動、地球環境の保護と美化活動にも力を注いでおり、その輪はアメリカ(ニューヨーク・ロサンゼルス)、ブラジル、」中国、台湾にも広がっています。

一般社団法人倫理研究所

images (1)

倫理法人会憲章

倫理法人会は、異業種の経営者の集まりですが、単に親睦や奉仕だけが目的ではありません。純粋倫理の学習により自己研鑽、自己革新に励み、企業を活性化し、ひいては地域社会に貢献する経営活動を推進していこうという実践団体です。その目指す方向は、次の「倫理法人会憲章」に掲げられています。

倫理法人会憲章

倫理法人会は、実行によって直ちに正しさが証明できる純粋倫理を基底に、
経営者の自己革新をはかり、心の経営をめざす人々のネットワークを拡げ、
共尊共生の精神に則った健全な繁栄を実現し、
地域社会の発展と美しい世界づくりに貢献することを目的とした団体である。
これがため以下の「活動指針」と「会員心得」を掲げる。

5つの活動指針

1・倫理の学習と実践の場を提供し、よりよい生活習慣とゆたかな人間性をそなえたリーダーを養成する。

2・深く家族を愛し、篤く祖先を敬い、なごやかでゆるぎない家庭を築く人を育てる。

3・「明朗」「愛和」「喜働」の実践により、躍動する職場づくりを推進する。

4・愛と敬と感謝の経営をめざす会員の輪を拡げ、各種の活動をとおして地域社会の発展に寄与する。

5・自然を畏敬・親愛し、「地球人」たる自覚を深め、環境の保全と美化に貢献する。

倫理法人会会員心得

1・朗らかに働き、喜びの人生を創造します。

2・約束を守り、信頼の輪をひろげます。

3・人を愛して争わず、互いの繁栄をねがいます。

お気軽にお問い合わせください TEL 028-624-9933 受付時間 9:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

最新行事予定

月間行事予定表

予定表をダウンロード出来ます

ダウンロード2017年11月行事予定表

入会案内

入会案内

社員に読ませたいこの一冊

職場の教養
倫理研究所
PAGETOP
Copyright © 栃木県倫理法人会 All Rights Reserved.