倫理法人会のご紹介

会長挨拶 栃木県倫理法人会 会長 阿久津 静男

栃木県倫理法人会、平成30年度(第11代)会長を拝命いたしました、阿久津静男です。
今年度は、設立32年目を迎えましたが、これまで先人・先輩の皆様が築いてこられた実績と篤い想いを引き継ぎ、更なる発展を期するよう「原点回帰」、本を忘れず、基本に立ち戻り、誠実に一歩踏み出す倫理運動を展開してまいります。
倫理研究所の「さらなる“新”に挑む」を基本方針として、法人局の事業方針である「地球倫理の推進」と「日本創生」の二大スローガンを実現するため、微力ではありますが誠心誠意努めさせて頂きます。

昨今の世情を見ますと、親が子を、子が親を手にかける等の残虐な事件や高齢者をターゲットとした特殊詐欺事件等が頻発し、また、いじめによる自殺者や高齢者の孤独死問題等が大きな社会問題となっています。一方では、かつての名門企業と言われた大企業の相次ぐ不祥事は、企業倫理の欠如によって日本の信頼度を大きく貶めています。
このような中、栃木県倫理法人会は、昭和20年9月3日に丸山敏雄創始者によって始められた倫理運動の要諦である「明朗、愛和、喜働」の実践によって「家庭の愛和」と「会社の繁栄」、そして「地域社会の発展」に貢献していかなければなりません。
そのためには、組織の充実による会活動の活性化が重要な課題となります。
今年度は、幹事長-地区長-単会会長の縦のラインと、今年度から新設した統括委員長と7委員長の横のライン(スタッフライン)との密接な連携によって、組織活動を充実し、会の活性化を実現してまいります。また、地区の分割を見据えた役職者の増員、後継者倫理塾の次年度開講を目標とした準備委員会も設置いたしました。
新たな取り組みとして、倫理法人会の認知度を高めて普及促進の一助とするため、行政との連携の一つとして、栃木県が定めた「家庭の日」(毎月第3日曜日)の普及を支援するため、「企業に倫理を、職場に心を、家庭に愛を」をスローガンにそのPR活動を展開してまいります。
法人局、2020年7万社プロジェクト5ヶ年計画の栃木県目標2,251社の3年目の今期、中間:1,910社、年度末2,070社を目標に掲げています。
去る9月16日、県役員と単会役員総勢57名が、丸山敏雄創始者墓前で祈誓式を執り行い、同日、沼生実県初代会長の墓参し、共に目標必達を誓ってまいりました。
今年度も県単会役員一同、一致協力して会活動の発展に全力を尽くしてまいります。皆様方の支援とご協力をよろしくお願い申し上げます。

倫理法人会とは

倫理法人会は、一般社団法人倫理研究所の法人会員組織です。「企業に倫理を 職場に心を 家庭に愛を」をスローガンに、まず経営者自身が純粋倫理を学び、活力に満ちた人間に変わることによって、社員が変わり、社風が変わり、自社の繁栄を目指すものです。倫理法人会の会員同士が集い、語り合うことで、自分では気づかないような経営のヒントも得られます。人と人との出会いは、経営力を高める強い原動力です。

倫理法人会 会員社数

約62,000社

経営者モーニングセミナー

全国約670会場で開催(毎週1回)

倫理経営講演会

全国約670会場で開催(毎年1~5月)

倫理研究所について

一般社団法人倫理研究所は民間の教育団体です。1945年、倫理運動の創始者・丸山敏雄によって創設されて以来、研究・教育・出版・普及等の事業に広く会員を募り、「生涯学習活動」としての倫理運動を推進しております。会員は法人約62,000社、個人約180,000人。書道や短歌による芸術活動、地球環境の保護と美化活動にも力を注いでおり、その輪はアメリカ(ニューヨーク・ロサンゼルス)、ブラジル、」中国、台湾にも広がっています。

倫理法人会憲章

倫理法人会は、異業種の経営者の集まりですが、単に親睦や奉仕だけが目的ではありません。純粋倫理の学習により自己研鑽、自己革新に励み、企業を活性化し、ひいては地域社会に貢献する経営活動を推進していこうという実践団体です。その目指す方向は、次の「倫理法人会憲章」に掲げられています。

倫理法人会憲章

倫理法人会は、実行によって直ちに正しさが証明できる純粋倫理を基底に、経営者の自己革新をはかり、心の経営をめざす人々のネットワークを拡げ、共尊共生の精神に則った健全な繁栄を実現し、地域社会の発展と美しい世界づくりに貢献することを目的とした団体である。
これがため以下の「活動指針」と「会員心得」を掲げる。

5つの活動指針

1・倫理の学習と実践の場を提供し、よりよい生活習慣とゆたかな人間性をそなえたリーダーを養成する。
2・深く家族を愛し、篤く祖先を敬い、なごやかでゆるぎない家庭を築く人を育てる。
3・「明朗」「愛和」「喜働」の実践により、躍動する職場づくりを推進する。
4・愛と敬と感謝の経営をめざす会員の輪を拡げ、各種の活動をとおして地域社会の発展に寄与する。
5・自然を畏敬・親愛し、「地球人」たる自覚を深め、環境の保全と美化に貢献する。

倫理法人会会員心得

1・朗らかに働き、喜びの人生を創造します。
2・約束を守り、信頼の輪をひろげます。
3・人を愛して争わず、互いの繁栄をねがいます。